AppleのCMとかいうやつ

一部報道でApple株が下がっているという話だったが、相変わらず巷ではiPhoneを筆頭にApple製品の人気は高いように思う。
シンプルかつ洗練されたデザイン、すぐれた操作性、そして「カッコいいものを身につけたい」という消費者の単純かつ明瞭な欲求を満たしてくれる製品群。それらを絶え間なく生み出すことにかけてAppleという会社の右に出るものはないのではないだろうか。

個人的には相変わらずiPhoneどころかスマートフォン自体にあまり興味がないのだが。まあそれはそれとして。

もう一つ、Apple製品の快進撃を支えているのが何といってもそのCMではないだろうか。
製品をスタイリッシュに魅せる手法のCM構成とApple製品が見事に合致して、相乗効果でより洗練された印象を与えられた視聴者は多いように思える。
たまに出てくる「Windowsはダメ、だけどMacはこんなにスゴいんだよ!」という他方を下げて自らの印象をアップさせようとするコンセプトのCMはあまり好きにはなれなかったが。

特に素晴らしいと思えたのがBGMの選曲センスだろう。

もう何というか、全部カッコいい。全曲カッコいい。

外れが一つもない。

いや、知らんけど。
全部のCMと全部の曲聴いたわけじゃないから何とも言えんけど。

しかもアレだ。
「適度に主張しすぎない」ヤツ。
この辺を絶妙に突いた曲が多過ぎて感心する。
曲の個性が映像を超えないように。だけど耳に残る程度の曲調を。
そしてより製品が映えるように。

「お、AppleのCMだ」

「ああ、こないだ出たヤツね。あんま興味ないけど」

「でもCMは相変わらずかっけえなあ」

「あれ? そういえばこないだのAppleのCMまた観たいなあ。カッコよかったし」

「しかしこの曲いいね」

「ん? この製品結構いいんじゃね?」

「よし、たまには買ってみるか!」

大成功じゃねえか。

いや、まあこの流れになるかは知りませんけど。
CMにおけるBGMの重要性というのはやはり計り知れないもので。
その曲一つで製品に対するイメージを覆すことも可能になる。のかは知りませんが。

ただその分野においてもAppleの戦略センスというのはなかなかなんだろうなと。
思うわけでして。

そんな話。

つか、「選曲」って変換しようとしたら「選挙区」って出てきた。

そうだ、選挙行こう。

▼ジェー・ジョンソン株式会社ホームページ
http://www.j-johnson.co.jp/

▼お問合せフォーム
http://www.j-johnson.co.jp/contact.php

▼翻訳お見積について
http://www.j-johnson.co.jp/estimate.html

▼JJ通信バックナンバー
http://www.jj-honyaku.net/

▼ジェー・ジョンソン株式会社 DTP部門
http://jjohnson-blog.oops.jp/dtp/

▼ジェー・ジョンソン株式会社 Twitter
https://twitter.com/JJohnson_Co

コメント(0)

Search

Calendar

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Tag

Apple おもひで お仕事 ひとりごと スポーツ テレビ ドラマ ニュース 一発逆転 交遊 仕事 休憩 健康 健康体 地震 外食 季節 思い出 情報 旅行 日常 映画 極意 歴史 流行 漫画 生活 発見 研究 考察 花粉症 記録 読書 趣向 趣味 通勤 遊戯 野球 雑記 電話 震災 非日常 音楽

Links

あわせて