価格競争きっつ〜

最近、ガソリンスタンドの廃業が相次いでいるらしい。
事実、「あれ? ここにガソリンスタンドなかったっけ?」と唖然とすることがしばしばある。
ただの更地になってるじゃないっすか! と。

ここ数年の原油価格の高騰や暫定税率停止に伴う価格の乱高下により、生き残り競争が厳しさを増し、多くのスタンドが淘汰される結果になったことは明白である。

まあ、これはあくまで素人考えなので何とも言えないのだが、ガソリンスタンドはサービス業の中でも競合他社との差別化を図りにくい職種の一つなのではないだろうか。
正直な話、価格以外に何か特色を出す要素があるのだろうか。

いや。
わかる人にはわかるよさというものがあるのかも知れない。
その人にとっては、「ここでなくてはダメだ」と言える何かが。

だが、その「よさ」を理解できる人はいったいどれくらいいるのだろうか。
それよりも「会員価格000円/ℓ」の表記に目がいく人の方がはるかに多数派なのではないだろうか。

少なくとも僕は価格しか見ていない。

そもそも原付しか所持していないため、その場その場で目についた最も安いガソリンスタンドに入っている。
文字通り価格ですべてを判断している。
ちなみに僕の知り合いも同じようなことを言っていた。

「安いもの勝ち」

商売において、これは非常に厳しいものがある。気がする。
価格を下げるには結局、行きつくところは自分の身を削るしかなくなってくるわけで。
それをやり続けるとやっぱりどこかに無理がきて、そのうちぶっ倒れることは目に見えている。
皆がみんな我が身を削る体力勝負を始めてしまうと、結果として業界全体の衰退につながってしまうのだ。

まあ、いっぺんぶっ壊すべきだと思うような生温い体質の業界が多いのも事実だが。

とはいえ、やはり消費者にとって低価格というのは何ものにも代え難い魅力を持っていて、それを覆すのはよういではないことは確かである。
だが、それすらをも超える付加価値を見出すことこそが、この過酷な現代社会を生き抜く術なのかも知れない。
今日、原付で走りながらそんなことを改めて思った次第である。

何かとっておきのアイディアを持っているわけでは決してないのだが。

とりあえず「セルフ」のガソリンスタンド、機械の使い方同じにして欲しいですけども。
使い方わっかんね。

▼ジェー・ジョンソン株式会社ホームページ
http://www.j-johnson.co.jp/

▼お問合せフォーム
http://www.j-johnson.co.jp/contact.html

▼翻訳お見積について
http://www.j-johnson.co.jp/estimate.html

▼JJ通信バックナンバー
http://www.jj-honyaku.net/

▼ジェー・ジョンソン株式会社 DTP部門
http://jjohnson-blog.oops.jp/dtp/


コメント(0)

トラックバックURL:
http://jjohnson-blog.oops.jp/host/usual/%e4%be%a1%e6%a0%bc%e7%ab%b6%e4%ba%89%e3%81%8d%e3%81%a3%e3%81%a4%e3%80%9c/trackback/

コメント

CAPTCHA


Search

Calendar

2021年1月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Tag

Apple おもひで お仕事 ひとりごと スポーツ テレビ ドラマ ニュース 一発逆転 交遊 仕事 休憩 健康 健康体 地震 外食 季節 思い出 情報 旅行 日常 映画 極意 歴史 流行 漫画 生活 発見 研究 考察 花粉症 記録 読書 趣向 趣味 通勤 遊戯 野球 雑記 電話 震災 非日常 音楽

Links

あわせて