田中マー君すげえ。

アメリカ大リーグNYヤンキースに移籍した元楽天の田中将大投手、通称マー君がすごい。
本日惜しくも1-2で敗戦投手となり、自身メジャー初の連敗を喫したわけだが、そんなことは屁でもないくらいの内容である。

日本最終年であった去年のシーズン、ピンチのときだけ全力を出すスタイルが「ギアチェンジ」と称されたことは記憶に新しい。つまり、それ以外の通常時のあからさまな手抜きピッチングで日本プロ野球の打者を総なめにしていたわけである。

ただし、それはあくまで日本でのことであって、メジャーに行ったらそうはいかないだろうというのが大方の見方であった。そして僕もそう思っていた。日本での手抜きっぷりが4割程度だとしたら、メジャーでは6割〜7割くらいの力を入れて投げるのではないか。しかも登板間隔も中6日から中4日と短くなるため、さすがに日本での活躍と同じくらいの成績をあげるのは難しいのではないか。とまあ、そう思っていたわけである。

違ったねぇ。
違ったよ。

もう一緒。
日本時代と同じですよ。
ランナーいないときは4割程度で、ピンチのときだけ力入れて投げるスタイル。もう日本時代そのまんま。メジャーとか日本とか、まったく関係ありまっせん。
まあ、もちろん投げてる球は変化球中心で球数減らして長い回を投げる工夫は随所に見られるわけですけど。ただ、力の入れ具合はもう日本時代の手抜きピッチングそのまんまですよ。
手抜きしてるわけでしょ?
だから中4日だろうと疲れなんか溜まらんわけですよ。

いやもうね。
ここまですごいと思わなかった。
もうアレです。
投手最高の栄誉といわれるサイヤング賞。これを日本人で初めてとれるんじゃないかって思うわけですよ。しかも手抜きで。
それぐらい、最近の田中投手は群を抜いてますね。

まあ、わからないですけど。

▼ジェー・ジョンソン株式会社ホームページ
http://www.j-johnson.co.jp/

▼お問合せフォーム
http://www.j-johnson.co.jp/contact.php

▼翻訳お見積について
http://www.j-johnson.co.jp/estimate.html

▼JJ通信バックナンバー
http://www.jj-honyaku.net/

▼ジェー・ジョンソン株式会社 DTP部門
http://jjohnson-blog.oops.jp/dtp/

▼ジェー・ジョンソン株式会社 Twitter
https://twitter.com/JJohnson_Co

コメント(0)

松坂さん

大リーグニューヨークメッツに所属する松坂大輔投手のマイナー行きが本日発表された。
先発ローテーション5人目をかけた最後の登板で5回無失点8奪三振と好投したが、球団はもう一人の先発候補メヒアをローテーションに加えることを発表した。
最後の最後までメジャーロースター枠の当落線上にいた松坂だが、残念ながら開幕はマイナーで迎えることが決定したわけである。

いや、これホントに残念でね。
最後の登板、中継観てたんですけども。スゴいピッチングでしたからね。
マジな話、平成の怪物が完全に復活してましたからね。
何というか、あの相手を圧倒する迫力というか、力勝負を挑んでくる相手を力でねじ伏せる投球ね。
僕がわくわくしまくった頃のね。日本時代の松坂そのものだったわけですよ。

あの頃、思ったじゃないですか。
この投球をそのままメジャーに持っていったらどうなるんだろ? って。
力自慢のメジャーリーガーを力でねじ伏せる日本一のピッチャー松坂大輔っていうのを想像というか、妄想したじゃないですか。

んで、結局ボールやらマウンドやら球数制限やらね。いろいろと適応しきれない部分が多くて、思ってたほど活躍できてなかったじゃないですか。んで、「終わった」だの「痩せろ」だのね。言いたいこと言いまくってきたじゃないですか。無責任な野次馬的に。

それがね。
昨日というか今日のピッチングがね。
まさしくそれだったんですよ。
松坂がメジャーでこのピッチングしてくれたらどうなるんだろうっていう、メジャーリーガーがどれだけきりきり舞いするんだろうっていう、思い描いてたピッチングそのものだったわけですよ。

そりゃあワクワクしますよ。ドキドキしますよ。真夜中なのに寝られなくもなるっちゅう話ですよ。
もう決まりだなと。
ローテーションは完全に決まったなと。
それどころか、投手最高の栄誉であるサイヤング賞すら可能性あるんじゃねえかと。
眠気と興奮でわけわからなくなった脳みそでそんなことを思ったわけですよ。

んで、今日の発表ですよ。
マイナー? 嘘だろ?

いや、さすがにこれはないわ。
ローテーション争ってた相手は24歳。
最近のメジャーの若手偏重傾向を鑑みるに、そういうことなのかなとも思ったり。

いやでも、さすがにこれはないわ。もう一度言うけど。

もう別のチームにさっさと行くべきじゃないだろうか。
普通にローテーションいける状態だし、それどころかエース級の働きできるレベルだと思うんだよね。
例えばレンジャーズとかどうよ。今ローテーションスッカスカですよ。
乾燥地帯が本拠地のレンジャーズにフライボーラーの松坂の相性はどうなの? って話もあるかも知れないんですけど、正直今日のピッチングはそのレベルじゃないからね。乾燥しようが湿ってようが関係ありません。だってバットに当たらないもん。

いや、まあ個人的な感情が多分に入ってるので、多少盛り気味に話してる部分はあるんですけど、それでも惜しいなあ。あのピッチングをメジャーで見られるかも知れないわけだから。

早く上がって欲しいなあ。
歩くロマン、投げるロマン。
そんな松坂が観たいなあ。

▼ジェー・ジョンソン株式会社ホームページ
http://www.j-johnson.co.jp/

▼お問合せフォーム
http://www.j-johnson.co.jp/contact.php

▼翻訳お見積について
http://www.j-johnson.co.jp/estimate.html

▼JJ通信バックナンバー
http://www.jj-honyaku.net/

▼ジェー・ジョンソン株式会社 DTP部門
http://jjohnson-blog.oops.jp/dtp/

▼ジェー・ジョンソン株式会社 Twitter
https://twitter.com/JJohnson_Co

コメント(0)

やきう

2012年のプロ野球が大詰めを迎えている。

ペナントレース上位チームによる日本シリーズ進出をかけたクライマックスシリーズ。セパともに連日、ひとときも目を離せない熱い試合が展開されている。
贔屓チームであってもそうでなくても、選手たちの熱を帯びたプレーには心動かされるものがある。
どのチームも選手も、最後まで諦めずにがんばって欲しいものである。そして、最後の最後まで我々ファンを楽しませていただきたいものである。

それはそれとして。

今年は多くの大物ベテラン選手が引退を表明した年でもあった。

鉄人と呼ばれた阪神の金本。
ミスターホークス・小久保。
メジャー帰りの強肩・田口壮。
お金を払って観る価値があると言われた守備の達人、中日・英智。
天才打者・ロッテ今岡。
たった四年でカープに愛された男・石井。
近鉄バファローズの優勝を知る男、オリックス北川。

パッと思いつくだけでもこれだけの大物ベテラン選手が今シーズンでの引退を表明している。
プロという世界が、栄枯盛衰の理と常に隣り合わせであることは重々わかっているつもりだが、やはり一時代を築いた選手達が現役を去るのは残念だ。僕にとってもど真ん中の世代の選手たちだけに、その淋しさはひとしおである。

現役を退く彼らの前に広がる第二の人生を、一ファンとして心から応援していきたい所存である。
僕ごときが応援しても何の助けにもなりゃしないだろうが。

そして、何年かしてコーチ、監督などで現場復帰する姿を期待しようと思う。

いや……。

それもね……。

ちょっと微妙なんですよね。

何がって?

アレですよ。

引退して何年後かにね。
コーチとかで現場復帰するじゃん。
で、「おお、懐かしい!!」と思って見るじゃん。

変わり果ててるじゃん。

みたいなね。

いや、しょうがないのかも知れないんですけどね。

あのカッコ良かった選手がね。
引退してたった数年でね。

そこまでかと。

切なくなるんですよね。

もうちょっと、あの。
おもひでをさ。

俺が好きだったあの頃のさ。

みたいなね。

でもまあ、逆にね。

ものっすごい引き締まった身体のままね。
シブいおっさんになってたりするとね。

すっげえテンション上がるの。

何でかわからないんですけど。

だから僕は思うわけですよ。

通はコーチを観なさいと。

意外と「ああ、あの人が!!」って場面に出くわすから。

有名どころで言うとね。
あの橋上が巨人でコーチやってるとか。
しかもあの秦も巨人にいるのね今。

なんで?

とかね。
いろいろ面白いんですよ。

橋上さん、案外引き締まってるし。

▼ジェー・ジョンソン株式会社ホームページ
http://www.j-johnson.co.jp/

▼お問合せフォーム
http://www.j-johnson.co.jp/contact.php

▼翻訳お見積について
http://www.j-johnson.co.jp/estimate.html

▼JJ通信バックナンバー
http://www.jj-honyaku.net/

▼ジェー・ジョンソン株式会社 DTP部門
http://jjohnson-blog.oops.jp/dtp/

コメント(0)

Search

Calendar

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Tag

Apple おもひで お仕事 ひとりごと スポーツ テレビ ドラマ ニュース 一発逆転 交遊 仕事 休憩 健康 健康体 地震 外食 季節 思い出 情報 旅行 日常 映画 極意 歴史 流行 漫画 生活 発見 研究 考察 花粉症 記録 読書 趣向 趣味 通勤 遊戯 野球 雑記 電話 震災 非日常 音楽

Links

あわせて