トランクルームへの憧れ

トランクルームを借りる生活に憧れる。

理由は特にない。
はっきりした用途もこれといってない。

「トランクルームを借りてる俺」
その状況に憧れる。

訳がわからないが、まあそんなこともある。
たまにくる意味不明のマイブーム。そのうちの一つである。

ちなみに数ヶ月前にきたマイブームは「携帯電話を持たない自分」。
生活に支障が出ることを懸念して断念した過去がある。

そして今回の「トランクルームを借りてる俺」ブーム。
間違いなく実行に移すことはないが、せっかくなのでちょっと調べてみた。

すると結構いろいろなことがわかった。
ひと言でトランクルームといっても、様々な種類があるようだ。
0.5帖程度のロッカータイプから1.5帖で高さが2mくらいの省スペースタイプ、5帖を超えるような一部屋に匹敵する大スペースタイプなど、用途に合わせて多くの種類があるようである。
また、お値段ももちろんスペースや立地条件によって大きく異なり、安ければ月1,200円、高ければ月60,000円などなど。もう60,000払うなら普通に部屋借りた方がよくねえか? という気もするが、まあそれはそれはそれなのだろう。というか、部屋を借りるなら部屋代以外にいろいろ諸経費がかかるわけだから、さすがに額面上の金額だけでは一概に言えるものではないことも確かである。
しかもビルインタイプと屋外タイプってのがあって、やっぱり屋外タイプはちょっと不安が残る部分はある。
まあ、借りないんだけど。

ほほう、なるほど。
敷金礼金制度もあるのか。ホントに不動産と同じなんだね。
いろいろおもしろいものである。

存在は知ってはいたけど、その中身についてはまったく知識がなかった。
役に立つのか立たないのかはまったくわからないが、ふとしたきっかけで知識が増える典型的な例である。
ちょっと賢くなれた気分でお得感を味わってしまった。

▼ジェー・ジョンソン株式会社ホームページ
http://www.j-johnson.co.jp/

▼お問合せフォーム
http://www.j-johnson.co.jp/contact.php

▼翻訳お見積について
http://www.j-johnson.co.jp/estimate.html

▼JJ通信バックナンバー
http://www.jj-honyaku.net/

▼ジェー・ジョンソン株式会社 DTP部門
http://jjohnson-blog.oops.jp/dtp/

▼ジェー・ジョンソン株式会社 Twitter
https://twitter.com/JJohnson_Co

コメント(0)

電話の声の妙

電話対応ってすっげえ大事だと思うわけですよ。
いきなり「なんだよ」って思うかもしれませんけど、これ結構前々から思ってたことでね。

まあ、個人的にね。どこかに電話かける機会ってのがあるにはあるわけで。知り合いとか家族以外にね。
例えば賃貸の管理会社とか、廃品回収の業者とか運送会社とか。まあそんな感じで。

で、そういうときってやっぱり、電話に出た相手の感じによってこっちの受ける印象ってものすごい変わるんですよね。

もうね。あるんですよ。HP見て電話することが多いんですけど、そのHP上のテンションと電話の応対のギャップがね。天と地のような差ってことが。わりとしょっちゅう。
え? めんどくさいの? って聞きたくなるようなね。
うっとーしそうな口調で「……はい」と。
いやいやいや。それはアカンでしょと。

「ぜひお問い合わせください!!」って言われたから電話してんのに、うっとうしがられるこの不可思議な現象。まったく意味がわからない。

いや、だからどうということもないんですけども。

まあこういうことあるとね。自分気をつけようって思うわけですよ。改めてね。
「人の振り見て我が振り直せ」っていうね。先人のお言葉が身にしみるわけですよ。

いや、ちょっとそんなことあったので、書いてみました。

▼ジェー・ジョンソン株式会社ホームページ
http://www.j-johnson.co.jp/

▼お問合せフォーム
http://www.j-johnson.co.jp/contact.php

▼翻訳お見積について
http://www.j-johnson.co.jp/estimate.html

▼JJ通信バックナンバー
http://www.jj-honyaku.net/

▼ジェー・ジョンソン株式会社 DTP部門
http://jjohnson-blog.oops.jp/dtp/

▼ジェー・ジョンソン株式会社 Twitter
https://twitter.com/JJohnson_Co

コメント(0)

痛いのとか、マジ飛んでけや

ケツが痛い。

むう。

開口一番何をぬかしておるんだと。
そう思われた方が多いかと存じます。

では言い直そう。

刹那的にケツが痛い。

「若かりし頃の矛盾した恋心」。

例えて言うならそんな感じ。

好きなあの子に素直になれず、
かまって欲しさゆえの嫌がらせ。
チクチクとした胸の痛みを押し殺し。

思い出してみてほしい。
淡く純情だったあの頃を。

思い出してみてほしい。
あの頃の胸の痛みを。

思い出してみてほしい。
どうすることもできなかったあの胸の高鳴りを。

そしてその痛みをケツに移動してほしい

どうだろう。

想像していただけただろうか。
この苦しみを。

共有していただけただろうか。
切なく狂おしいこのケツの痛みを。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日付が変わり一刻ほど過ぎた頃。

男はシャワーを浴びていた。
いつもと変わらぬ入浴タイム。

やや夜更かし気味の毎日を反省しつつ、明日への英気を養う。
垢と一緒に一日の疲れを洗い流す。

そんな時間。

この時間は男にとって唯一、素の自分に戻れるかけがえのない瞬間だった。
酷使した頭を空っぽにしてリラックスできる癒しの時。

何にも代え難いこの時間を、男はこの上なく大事にしていた。

シャワーを止め、バスチェアーに腰を下ろす。

と、その時であった。

バキャッ!

!!!!!!

予期せぬ擬音。

ケツに稲妻のような痛み。

一瞬の混乱。
すべてを悟るまでにわずか1秒。

つまり、

バスチェアーが割れた

そして、

割れ目にケツがはさまった

「あいでででででででで!!!」

静寂を打ち破る男の悲鳴がこだました。

▼ジェー・ジョンソン株式会社ホームページ
http://www.j-johnson.co.jp/

▼お問合せフォーム
http://www.j-johnson.co.jp/contact.html

▼翻訳お見積について
http://www.j-johnson.co.jp/estimate.html

▼JJ通信バックナンバー
http://www.jj-honyaku.net/

▼ジェー・ジョンソン株式会社 DTP部門
http://jjohnson-blog.oops.jp/dtp/

コメント(0)

Search

Calendar

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Tag

Apple おもひで お仕事 ひとりごと スポーツ テレビ ドラマ ニュース 一発逆転 交遊 仕事 休憩 健康 健康体 地震 外食 季節 思い出 情報 旅行 日常 映画 極意 歴史 流行 漫画 生活 発見 研究 考察 花粉症 記録 読書 趣向 趣味 通勤 遊戯 野球 雑記 電話 震災 非日常 音楽

Links

あわせて