寒空の下、健康体を目指しての巻

本日、参考書を買いに出かけ、ちょっとお高めのダウンジャケットを購入して帰ってきた。

どうしてこうなった?

思い通りにいかない人生。
だから楽しい。

いやいや、んなわけあるか。
こんにちは。ジェー・ジョンソン佐藤です。

12月も早十日が過ぎ、厳しい寒さが続く毎日。
着ていく服を間違えるとエラい目に遭う緊張感の中、日々の業務を黙々とこなす生活を送っている。
目が覚めて布団から出るだけの行為が、ある種の覚悟が必要なほど過酷な朝もあり、ますますもってサバイバルの様相を呈している。
今後さらに寒さが深まるごとに、男の生き様を問われる場面が増えてくると思われる。
伝説の存在に一歩でも近づくべく、たゆまぬ努力と精進を続けることをここに誓おう。

とまあ、適当に日々のがんばりをアピールしたところで、本題に入ろう。

小学校入学前、僕は親が共働きだったこともあり、幼稚園ではなく保育園に通っていた。
朝の7時台から親が迎えにくる夜の6時、7時くらいまで、1日のうちの大半を保育園内で過ごす生活を、小学校に上がるまでの6年間、ほぼ毎日送っていた。

他の保育園や幼稚園がどうかは知らないのだが、わが保育園には「毎朝の乾布摩擦」という習慣があり、登園後すぐに、とにかくタオル片手にパンツ一丁で整列し、身体中を擦りまくらなければいけなかった。
天気がいい時は園庭に、雨や雪の振る日は館内集会場のような場所に。
確か4歳になると、強制的にそのイベントへの参加が義務づけられていた記憶がある。

乾布摩擦。
肌を直接乾いたタオルで擦る、風邪などの予防効果のあるごく一般的な健康法である。
なるほど、「こども一人ひとりの健やかな成長を促す」保育園の理念と合致する、非常に理にかなった習慣である。

でもツラかった〜。

とにかくツラかった〜。

いや、身体にいいことは頭ではわかっている。
だが、特に今の季節など、寒空のもとパンツ一丁で全身を擦るなど正気の沙汰とは思えない。体力のない子どもにとっては拷問以外の何ものでもなかった。
脳みそでは理解していても本能が拒否する。毎朝修行僧の心地で、とにかく無心に耐え忍んでいたものである。

年端もいかない子どもの心に深く刻まれた、あの「乾布摩擦」という恐怖体験。
おかげさまかどうかは知らないが、大人になった今もあまり病気もしない健康な身体でいられている。
消えることのないトラウマと引き換えに。

ちなみに最近知ったのだが、アトピー持ちが乾布摩擦をすると悪化させてしまうらしい。

そして僕は生粋のアトピー持ちであるが、それがどうかしたのだろうか?

▼ジェー・ジョンソン株式会社ホームページ
http://www.j-johnson.co.jp/

▼お問合せフォーム
http://www.j-johnson.co.jp/contact.html

▼翻訳お見積について
http://www.j-johnson.co.jp/estimate.html

▼JJ通信バックナンバー
http://www.jj-honyaku.net/

▼ジェー・ジョンソン株式会社 DTP部門
http://jjohnson-blog.oops.jp/dtp/

コメント(0)

Search

Calendar

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Tag

Apple おもひで お仕事 ひとりごと スポーツ テレビ ドラマ ニュース 一発逆転 交遊 仕事 休憩 健康 健康体 地震 外食 季節 思い出 情報 旅行 日常 映画 極意 歴史 流行 漫画 生活 発見 研究 考察 花粉症 記録 読書 趣向 趣味 通勤 遊戯 野球 雑記 電話 震災 非日常 音楽

Links

あわせて