「パイオニアは死なず」とか言ってみて

ダルビッシュがメジャーリーグで順調に白星を重ねている。
6/17時点で8勝(4敗)。コントロールに多少難があるものの、引き出しの多さと適応力の高さで堂々たるピッチングを魅せている。次の登板日をあらかじめ調べて指折り数える楽しみをくれる投手は本当に久しぶりである。

そんな中、何年かぶりにスポーツ雑誌「Number」を買った。
6/7発行の第804号、ちなみにコレである。
特集『最強投手進化論』
野茂英雄や桑田真澄、ノーラン・ライアンなどの面々が、ダルビッシュの動向と照らして投手理論を饒舌に語るという記事をメインに、全編にわたって投手をクローズアップした記事が続くという。
文字通り野球ファン必読の一冊である。

で、ホント何年ぶりかに買ってみたわけですけども。
ダルビッシュの記事が読みたいなっていうことでね。

んで、読んでみた感想は、

笑っちゃうくらい野茂がかっこいい

もう何というか、あまりにそのまんま過ぎてね。
存在感がケタ違いです。

「自分の思ってるボールが行けば、打たれへんちゃうの? 打たれへんかったらいいんちゃうの?」
「真っ直ぐで打ち取れるならこんな楽なものはない。余計な細工をしないで済むから」
「いかに自分が投げやすいボールで抑えていくか。それが一番シンプルで楽」
「初球から振ってもらって全然かまいませんでした」

いやもう、最高です。
ダルビッシュ吹っ飛びました。

「いくつ四球出したって、ヒット打たれたって、結果的に0点ならまったく問題ない」という彼の言葉をいろいろな媒体で見聞きしてきましたけど、その言葉のまんまですね。

2009年当時。
引退間近の清原が、代打で空振り三振にとられた打席を振り返りこう言った。
「12球団のクローザーの中で、5点差ありながら、今のオレに勝負球に変化球を投げてくるのは彼ぐらいじゃないか?」
「あと数打席で辞めていく人間に後ろから切りつけるようなもん。こっちはセコイヒットを打とうなんて思ってない。がっかりです」

膝が悪くまともにスイングできない相手に変化球を投げた投手と、それを否定した清原。清原のこの言葉には当然のことながら多くの批判が集中した。
「投手にも給料かかってる」
「お前中心に野球界がまわってるわけじゃない」
「真剣勝負を勘違いしている」

とりあえず、ここでどちらが正しいかの議論をするつもりはない。

だけど、この言葉から見え隠れする野球の本質というか、「俺と勝負しろやボケェ!!」の精神は何となく野茂の言葉に通じるものがあるような気がする。ないような気もする。

豪快にして痛快。無骨で理不尽で不器用。
だけど、何かわかんないけどカッコいい。

そういうわけのわからんものに、いわゆる古きよきというか、懐かしい昭和の空気を感じてちょっとホッコリしてしまった6月のある日のこと。

そんな話。

▼ジェー・ジョンソン株式会社ホームページ
http://www.j-johnson.co.jp/

▼お問合せフォーム
http://www.j-johnson.co.jp/contact.html

▼翻訳お見積について
http://www.j-johnson.co.jp/estimate.html

▼JJ通信バックナンバー
http://www.jj-honyaku.net/

▼ジェー・ジョンソン株式会社 DTP部門
http://jjohnson-blog.oops.jp/dtp/


コメント(0)

トラックバックURL:
http://jjohnson-blog.oops.jp/host/%e9%9b%91%e8%a8%98%e5%b8%b3/%e3%80%8c%e3%83%91%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%81%af%e6%ad%bb%e3%81%aa%e3%81%9a%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%81%8b%e8%a8%80%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%a6/trackback/

コメント

CAPTCHA


Search

Calendar

2020年11月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Tag

Apple おもひで お仕事 ひとりごと スポーツ テレビ ドラマ ニュース 一発逆転 交遊 仕事 休憩 健康 健康体 地震 外食 季節 思い出 情報 旅行 日常 映画 極意 歴史 流行 漫画 生活 発見 研究 考察 花粉症 記録 読書 趣向 趣味 通勤 遊戯 野球 雑記 電話 震災 非日常 音楽

Links

あわせて