冷房風邪がアレな件

梅雨も開け、本格的な夏のシーズンである。
昼間の気温は30度をゆうに超え、油断していると歩いているだけで汗が噴き出す毎日。「熱中症で○人が病院搬送」というニュースもそこかしこから聞こえてくる。
まさしく夏本番。日ごろから水分補給が欠かせない状況である。

いや暑い。
とにかく蒸し蒸しと湿気の強い不快な暑さである。
家に帰れば当然ハーフパンツで過ごすのだが、朝会社に行く前に長ズボンを履くという行為が、ただそれだけで拷問に近い。
いっそのことみんながいっせーのーせで短パンで仕事し始めれば、自然とそういう社会風土になるんじゃないかなどと、ありもしない妄想を働かせてみたりする。

そして夜が特に寝苦しい。
そのままで眠りにつくのはほぼ不可能なので、よわ〜い冷房を入れてタイマーをかけて寝ている。大体1時間で電源が落ちる設定にして寝ているのだが、あまりに暑い日はその1時間が過ぎたとたんに目が覚める。
「んぬわぁっ!!」
汗だくで目が覚めて、仕方ないからまた冷房をつけるわけだが、どうもこれをやると翌日調子がすこぶる悪い。
とにかくお腹が激しく下る。特に通勤電車のキツい冷房がかなり堪える。
「ひょっとして……!! これは……」
という場面が正直数回あった。今年だけで。

要するに軽い風邪をひいているわけだが、かといって夜冷房なしで寝るのは無理だ。そこは自信を持って断言できる。ええ、無理っすよ。

悩ましい。
非常に悩ましい。
冷房を断つと寝不足一直線。
冷房を使うと腹下し。電車でガチのピンチ。
行くも地獄、戻るも地獄である。

神がいるならこう問いたい。
「我に最強の腹を」

▼ジェー・ジョンソン株式会社ホームページ
http://www.j-johnson.co.jp/

▼お問合せフォーム
http://www.j-johnson.co.jp/contact.php

▼翻訳お見積について
http://www.j-johnson.co.jp/estimate.html

▼JJ通信バックナンバー
http://www.jj-honyaku.net/

▼ジェー・ジョンソン株式会社 DTP部門
http://jjohnson-blog.oops.jp/dtp/

▼ジェー・ジョンソン株式会社 Twitter
https://twitter.com/JJohnson_Co


コメント(0)

トラックバックURL:
http://jjohnson-blog.oops.jp/host/%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%82%8a%e3%81%94%e3%81%a8/%e5%86%b7%e6%88%bf%e9%a2%a8%e9%82%aa%e3%81%8c%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%81%aa%e4%bb%b6/trackback/

コメント

CAPTCHA


Search

Calendar

2021年9月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Tag

Apple おもひで お仕事 ひとりごと スポーツ テレビ ドラマ ニュース 一発逆転 交遊 仕事 休憩 健康 健康体 地震 外食 季節 思い出 情報 旅行 日常 映画 極意 歴史 流行 漫画 生活 発見 研究 考察 花粉症 記録 読書 趣向 趣味 通勤 遊戯 野球 雑記 電話 震災 非日常 音楽

Links

あわせて